こんにちは,,歓迎上陸カブン・中国!

2016年第6期業種资讯

カテゴリ:
業界動向
公表時間:
2016/08/22 18:07
ページビュー数

一、業界ニュース

● 海外7月乗用車の販売データ

  捜狐自動車業界ニュースデータによって、7月には、アメリカ、日本、ドイツ、フランス、スペイン、カナダ、オーストラリアと南アフリカ、7つの国の乗用車販売台数が前年同期比減少して、スペインとイタリア、二つの国の乗用車販売台数が前年比増加する。

 

 

● 車市場リスク警報が鳴って「金九銀十」に悲惨に戦うすることが可能である。

  中国自動車流通協会の副秘書長郎学红は、「昨年8月から今年6月以来、在庫警戒指数ずっと栄枯線の上にあって、業界全体の状況は楽観ではない」と表示する。7月の在庫警報指数が初めて警戒線以下に下がった。

 

● 自動車ハーネスは「高圧化・轻定量・標準化」に向かっている

  高圧ハーネス材料選択の方面に要求は著しく向上して、また電気安全に関連するため、だから停電のスイッチを増加し、或いはバッテリパックに保守スイッチを増加する必要がある。補修作業時には必ず高圧を切断する。当前自動車ハーネスに主に使用している材料は銅なので、軽量化の面で、縮小断面積のほか、銅よりもっと軽いアルミニウム材料を採用する。天海グループはすでに成功的に実施する。現在の新エネルギーの自動車ハーネスとコネクタに関連する業界標準と国家標準はまだ打ち出さなくて、関連製品の品質は不揃い。

 

● 大勢の赴くところ未来はこれらの技術や標準になる

  燃料自動車の発展技術の方向は48V自動車電気システム、多くの混動システム、知能シリンダシステム、電気ターボ技術、無カム軸(qamfree)技術、可変圧縮比やアトキンソン循環である。

 

● 自動車のリコール倍増になる 日系車は過半数

  リコール数量ランキング上位3位は順番に:エアバッグとシートベルトで29回をリコールされたの、数量が一番多く487.56万台である。次はエンジン問題で14回をリコールされたの、224.73万台である。車体問題で18回をリコールされたの、75.46万台である第3位。リコールされた車のカーメーカからみると、今年の海外カーメーカーのリコール数量は圧倒的多数である。そのうち、リコール数量で上位3名のメーカーは順番に、第1位の日係カーメーカーは40回をリコールされて、568.84万台である。第2位の米係メーカーは16回をリコールされて、252.21万台である。第3位の徳係メーカーは23回をリコールされて、45.89万台である。

 

● 2016上半期の国内乗用車の苦情の販売量ランキング

  固定の時間帯で苦情の販売量は多くの製品の真実な品質が公平な評判を反映します。つまり、苦情の販売量は消費者に製品品質とサービスレベルの期待値を体現しできる。比率が多いほど、、人々は製品に対して満足しないところがある。

 

 

● 中国自動車の消費傾向は三、四流都市に移転して自主的に商機を狙う

  中国の一、二流都市は自動車に対して、通行と購入制限を実施し、中西部地域経済が急速的な発展などの要因で、現在中国自動車消費市場は徐々に中西部の三四流都市に移行している。中国のローカルメーカーが戦略を変わり始める。

 

● 上半期のSUVの販売台数が爆発的に44 . 4%を増えた、ローカルメーカーの未来の行方

  蓋世自動車は上半期に登場した車種のデータを整理してみると、SUV車種市場で、ローカルメーカーと合弁メーカーは、2つの異なる発展経路を選択しているようだ。その中で、ローカルメーカーが価格が低いとサイクル短い小型車は戦略目標を制定する。しかし、合弁カーメーカーが穏やかに小型SUV市場に発展している。

 

二、イノベーション領域

 

● 2016年に「新エネルギー自動車靑書」国際フォーラムを順調に開催した

  専門家の分析によると、この本の出版は、自動車産業の管理部門、研究機関、自動車部品生産企業と、社会公衆など中国の新エネルギー産業の自動車産業の発展の最新動態を理解安い。そしてこの本は新エネルギー自動車の話し合い、知識を広めのプラットフォームになり、政府部門が新エネルギーの自動車の産業関連政策法規を制定し、企業戦略計画を立てに対し、必要な参考を提供している。

 

● 予定週期は一月を超える 新エネルギ車は購入難

  新エネルギー自動車応用の模範都市として、北京は新エネルギー自動車の普及にはすでに最も先端に行っている。今年の伝統ガソリン車の申請の指標が下がるに従って、新エネルギー車の申請の指標が増えた結果、純電気自動車は北京市場で売れ筋の車種になって、購入難の状況を現れた。

 

● 8.1万個の充電スポットも足りない 新エネルギー車充電難

  上半期に我が国の新エネルギー車の販売量は17万台になって、前年に比べて126%に増える。新エネルギー自動車の販売量は電池充電スポットの建設速度のほうが上回るので、新たにエネルギーが充電が不便な原因の一つとされている。

 

● 「空中バス」が来た!人類の乗り物を転覆しますか?

  8月2日に、我が国が自ら設計開発、全面的に自主知的財産権の「空中バス」―バギー1号試験車は、河北省秦皇島北戴河区で総合試験が始まる。ブレーキ距離、摩擦係数、消費電力などを含み、車と路、人と車の関係が検証する。これは中国民営企業家の茶番劇だけだと報道もいる。

 

● 贾跃亭:乐视造车は多く人々の夢に燃える

  今年の4月、FFと乐视は一緒に人工知能研究所を創立した。世界各国からの研究人材は無人操縦、模擬現実技術(AR)、地図関連、搭乗者状態監視、自動運転レースなど予測性な自動車技術の研究が進めている。

 

● VWはMEBプラットフォームに基づいて一分内で2.7%に充電できる自動車を開発する

  VWは4日にセミナーで再びErb BUDD-eが展示されて、Erbの講演でその車の特徴を展示した。BUDD-eのリチウムバッテリーが電子基板上に置き、1回充電して、航続距離は233マイルに達することができまる。そして30分内では80%の電気に満ちて、一分内で2.7%に充電できる。

 

● 比亜迪は100億元を出して電池の生産能力を拡張して、新車を生産する

  ネット通社は比亜迪オフィシャルから知るのは、比亜迪は110億元を出して、傘下の2つの子会社に増資する。今回の増資は比亚迪自動車工業株式会社と鉄動力イオン電池拡産プロジェクトと比較し、それに将来に電池生産能力が拡張できるし、新エネルギー車種の開発進捗を加速させている。

 

● 中国は最大の新エネルギー自動車市場になって 2020年には145万台に達する見通し

  研究機構1日に発表の「新エネルギー自動車の靑書予測」によると、2020年に中国新エネルギー自動車市場規模は145万台となって、そのうち自家用車は80万台となっている。中国はすでに最大の新エネルギー自動車市場になって、生産販売量は累計で49.7万台。

 

三、お客様の動き

 

● 新製品を発売する

  広汽ホンダ自動車株式会社により国産高級車ブランドアキュラ(Acura)CDXは7月29日に発売する。

  DENZA発売栄光版、前売り価格は43.28万元にあたて航続400キロはきゅう、9月1日正式に発売する。

  7月末に地中海でブラックMamba電動三輪自動車は810馬力三輪電動車を発売する。

  8月1日、吉利博瑞G20行政版「靑いモール」が正式に限定発売する。。今回の博瑞G20行政版1 . 8 T車種は、価格が21.98万元である。

 

● 上海GMのビュイックブランドとの万達映画館が全面協力を開くのこと

  ビュイックと万達映画館の重要な協力内容の一つとして、8月3日より「ビュイック影厅」は全国90くらいの都市で万達影城が相次いで上陸する。上海宝山の万達広場店、広州白雲の万達広場店や北京通州の万達広場店も「ビュイック動感の自動車テーマ庁」を開設する。

 

● パナソニックは38 . 6億ドルを出してテスラスーパー電池工場を投資する

  伝統的な家電市場ますます縁辺化のパナソニックは、1家のハイテク自動車部品のサプライヤーに転換している。また、未来は短期的な利益を犠牲し、知能の操縦など新興分野における投資を向上させることにより、長い発展に着目しているという宗旨に従う。

 

● ホンダは全力を出して,国産混合車市場全面的にPKトヨタ

  本田鋭・混動動力システムは年内に国産化を実現して、まずアコードに搭載されている。この混動システムの国産化もホンダの新しい技術の導入を告げている。そして未来東風ホンダとスピリアなどの自動車で続々とこのシステムを使用している。この小分け市場では、トヨタはすでに1歩早く混動技術を国産化した、ホンダの入りは前者と面と向かって戦う始まる。

必威体育手机版