こんにちは,,歓迎上陸カブン・中国!

>
コーポレートガバナ
ページビュー数:

1当社経営の基本状況
  当社では設立以来、完備な経営体制が設置されています。「会社法」「証券法」「非上場企業管理方法」及びその他関係法律に基づいて、「会社定款」、「株主大会議事規則」、「役員会議議事規則」、「監事役議事規則」、「対外担保決定制度」、「関連取引決定制度」、「対外投資者管理制度」、「総経理仕事規則」、「投資者関係管理制度」、「情報開示事務管理方法」、「実際支配者及び関連方から会社資金占用を防ぐにかんする管理制度」等制度。上記「会社総則」及び各内部管理制度によって、現有会社機能から株主の権利を守ることができ、参画権、質問権や採決権などの権利が十分行使されます。

(1)株主の権利

「会社定款」により、株主は以下の権利が有します。
  (一)所持株の割合で配当金及びその他形式利益を獲得すること。
  (二)株主は法を準じて、株主大会を要請、招集、司会、参加または委任代理人することができ、その対応された決定権を持つこと。
  (三)会社の経営に監督、提案または質問すること。
  (四)法律、行政法規、及び本定款により、所持ち株の譲渡、贈与または質権を有すること。
  (五)本定款、株主名簿、会社債券の半券、株主総会会議録、取締役会会議議事録、財務会計報告、財務会計報告書を閲覧すること。
  (六)公会社の中止又は清算時、所持ち株の割合で余剰財産の分配されること。
  (七)株主総会について会社合併、分立は異議の株主が、会社にその株式を取得することを要求すること。
  (八)法律、行政法規、部門の規則又は本定款所定のその他の権利。

「会社定款」は株主の訴訟権、株主に株主総会の招集権、提案権、表決権などの権利を明確にする規定。

(2)投資家関係管理
  「会社定款」第一百二十七条投資家の関係管理の関連規定を定めました。その内容は、投資家の関係管理の仕事内容と様式、投資家とのコミュニケーションの方法など、投資家の関係管理の関連内容を決定されています。

(3)紛争解決システム
  「会社定款」では、会社、株主、取締役、監事、高級管理者の間には定款所定のトラブルは、先行に協議を通じて解決、協議が成立しない場合は、法律、法規に従って诉权が持つ者が、人民法院に訴えを提起することができます。

(4)関連株主と取締役回避制度
  「会社定款」の規定では、株主総会が関連取引事項を審議する場合、関連する株主は投票で採決、その代表の議決権の株式数を有効な表決に数えません。
  『関連取引決定制度」の規定では、会社の取締役会は関連取引事項に関連取締役は回避採決も他の取締役は、代理票決権を行使することできます。同会は過半数の非関连関係取締役出席で行われ、理事会にしなければならない非取締役決議を経て関連関係の過半数を通じて取締役会の無関係取締役会は3人に不足時、この事を株主総会へ提出するべきです。

(5)財務管理関連の内部管理制度の建設状況について
  当社は「現金管理制度」、「銀行預金の管理制度」、「清算管理制度」、」「定資産管理制度」、「倉庫管理制度』、『原価、費用管理制度」など一連の制度を設けて、資金管理、財務管理、企業会計管理などを行った具体的な規定されています、会社の内部統制制度の有効運行管理することができます。

2、会社はすべての株主に適切な保護と平等な権利を提供するかどうかの評価の意見
  当社はすべての株主には最適保護メカニズムを設立し、この制度は株主を特に中小株主の知る権利、参画権、質問権と議決権等の権利を保証します。当社はすでに制度面で投資家の関係管理、紛争解決機構、関連株主と取締役の回避制度、及び財務管理に関する内部管理制度を定めています。株式会社設立以来、前述の制度は有効に実行できます。同時に、会社の発展の必要に応じて、補足タイムリーと会社メカニズム改善し、より効果的に実行し、各内部制度により株主全体の利益を守ります。

3、会社の重大決定は規定のプログラムを履行したかどうかの評価意見
  当社は厳格に「会社定款」、「会社法」、「証券法」、「上場公開会社監督管理弁法」等の法律法規及び規範性ファイルの要求とプログラムに準じます。重大な決断の規定のプログラムを履行します。報告期間内で、会社の重大な融資、重大な経営的意思決定などは会社を通じてのボードや/と株主総会の招集審議会議開催プログラムを満たして、法律、法規、規範性ファイルと「会社定款』に関する規定に準じます。

4、会社定款の改正状況
  2015年9月、会社は有限会社から株式会社に変更し、新しい株式会社「会社定款」が再度制定、採択しました。株式会社は設立から2015年末まで、「会社定款」が修正されたことがありません。

必威体育手机版